未経験者がIT業界へ転職をするときに感じやすいデメリットとして、プログラミングやシステム開発などを覚えるまでに時間がかかる点にあります。特に、文系出身の転職者の場合には、1からコンピュータに関する技術を習得する必要があるため、手厚いフォローが受けられる職場を見つけることが何よりも大切です。
 また、IT業界においては経験者を優遇する傾向が見られるため、未経験者にとっては転職先を見つけるまでに長い時間がかかることも少なくありません。そこで、納得のいく条件でIT業界に転職をしたい場合には、経験の浅い人材を対象とした専門的な教育制度が設けられているところを探すことが肝心となるでしょう。
 例えば、国内の大手企業とのやり取りの多いIT業界の企業においては、1人ひとりの人材の習熟度に応じた研修のためのプログラムの作成が行われていることがあります。そのため、適性のある仕事をスムーズに見つけたい場合には、充実した研修が行われているIT企業で長く勤めることがおすすめです。
 IT業界の転職事情に関しては、さまざまな転職サイトなどで取り上げられることがありますが、賃金や給料などの面にこだわりながら転職活動を進めることで、内定後のデメリットを最小限に抑えることができます。その他、IT企業ごとに求職者に求めるスキルや経歴などにも差があるため、採用試験を受ける前に人気のIT企業の転職相談会などで担当者とじっくりと話し合ってみることがいいでしょう。